肺の中に水が滲み出る

肺の中に水が滲み出る、進むと肺気腫となります。
その原因として考えられるのは、心臓機能の低下、例えば心臓弁膜症という病気で心不全と言われる病名に括られます。

心不全により血液が肺に行き渡らなくなると、肺の細胞が保有している水が滲み出て肺気腫となるようです。

肺気腫は若い年代の人の病気と思われますが、原因をみると心不全が関連しているとなると、老若男女の病気というのがわかります。

肺気腫になるまでというか、そういった病気がわかるまでには心機能の低下で血液が体中に行き渡りにくくなると、体が浮腫むようです。

体が浮腫むのは異常の兆候です。
早めに献身する事をお勧めしますね。