小型車両系建設機械やフォークリフト運転技能は労働基準監督署と自動車学校の連携

小型車両系建設機械やフォークリフト運転技能免許などは、かつては労働基準監督署主管により講習と試験そして技能検定をじっしされていましたが、かなり前より自動車学校でそうした免許の取得ができるようになっていて、おどろくことにかなりの受験者がいるということです。 といっても、そもそもが特殊な免許なので土木現場や工場や倉庫などでの使用が主なので一般の人には遠い免許となるのですが・・・

実は、そうした程遠いと思っていた免許の取得に自動車免許を取るついでに併せて取得する人が増えてきています。
以前は、土木建築関連の従業員や工場などのある企業の従業員でしたが、例えば土木建築選考の大学生なら百歩譲ってもまだわかりますが後々の転職のために取得するという人もいるらしいです。

なぜ前者の百歩譲ったという表現になったかといえば、小型車両系建設機械といった免許は土木関連の会社に入社すれば会社の命により必要な免許の取得の費用などもすべてみてくれるというのもあるからです。

フォークリフトなどは現実な転職目的者は別として、ほぼ100%会社からという人が多いようです。

そして、小型車両系建設機械の免許の取得は最近では女性の方も多いようで、その場合は実家の手伝いやダンプなどに乗っている人が多かったもののこれも学生さんが増えてきていると聞きます。

考えてみれば、大型の建設機械の免許は小型車両系建設機械に3ヶ月の実務経験が必要なため持っておけばと勧められてというのもあります。

危険物取り扱いの資格を持っていて、大型免許やけん引免許を持っていればタンクローリーの運転手という選択もありますが、タンクローリーなどの女性運転手はどとんどいなくて、そもそもの募集というのは自衛隊を辞めた人の道筋ができているというのが定説ですからね・・・

なにはともあれ、免許や資格というのは邪魔にならないというのが強みです。