Hot Work

Hot Work

[ねぇねぇ、梓、夏実のあん噂。知っとるね?]

[なんなん?知らん知らん、なんの噂?]

[なん知らんとね?みんな知っとるよ。]

[あー、もしかして夏実が不倫しとるていう噂ね?]

[わからんねぇ。まぁ恋愛は理屈じゃなかけんね。]

私は、この地域の生まれでない。
今日も、仕事を追え、一人、この女性客が噂話や、グチをこぼす居酒屋で遅い晩御飯を取っていた。

「ふう~。」
「あ~あ。」
「なんで、こんな仕事を選んじゃったのかしら・・・」
1人溜息をつきながら、焼酎を飲んでいた。

大学を卒業し、東海地域の寡占企業の系列会社へシステムエンジニアとして、入社したのが4年前だった。

2年間は必死で、受注したプログラムをひたすら打ち続けその成果を認められ、この熊本に新しく建設される、工場の中枢のシステムを製作する、ワーキング
グループに抜擢された。

「そうそう、私の名前は平林裕香。」

これからは、女性の感性がオートメーション化された、設備や装置を稼動させるには必要だという社命を帯びていた。

この2年間は、仕様書と、にらめっこしながら、ベースとなるプログラムの
改編を行い、その集大成として、2週間前に、この地にやってきた。

半年前、首都圏近郊の同社工場のリプレース工事で、現場は経験させてもらって
いるが、この地では、主任という肩書きで、赴任されている。
今日は・・・

「あ~もしもし、平林さん聞こえますか?」
「只今、テーブルの下部、点検位置に到着しました。」
ハンドレシーバに声が入ってくる。

「はい、岡田君聞こえるよ!」

「木村、電気室に到着しました。

「木村さん到着、了解!」

「佐々木もメインルーム到着~。」

「佐々木さん到着、了解!」

「では、シュミレーションに入ります。」
「Push Botton ON!」
「はい、A点通過、B点Limit switch ON!」
「はい、C点通過。」
「あれ、C点通過したけど、タイムアップしたわ?」
「岡田君? 物はどう?」

「岡田ですが、平林さん、ちょっと止めて下さい。」

「はい、Stop!しました。」

「木村さん電源解放願います。」

「電源解放了解!」

「電源解放しました。」

「木村さん、了解!」

「岡田君、いいわよ?」
「はい、ちょっと確認します。」

「あらら、工事残材が引っかかってますう。」

「またなの?」
「ちょっと待ってて!」
裕香は、現場事務所に向った。

現場事務所には、クライアントの神崎建設担当所長と、神崎と同じ会社の、他県
工場でエンジニアをしている、岡崎博がいた。

「あのお~、今日もまた、残材がかかってて、それで仕事にならないんですが?」
「これで、2日連続だし、仕事も進まなくて困るのですが?」

神崎所長は初めての所長職を拝命しているため、張り切っていて、つい先日も、
仕事の調整で、私にセクハラ紛いの発言をしてきた。

「あっ、はい!」
「明日の朝ミーティングで伝えます。」

「じゃ、よろしく。」
裕香は部屋を出た。

「やれやれ、あの女性、結構ヒステリーっぽく、突っかかってくる。」
「女はおとなしくしてろってんだ。」
神崎がぼやいた。

「俺、ちょっと見てきます。」
岡崎が席を立ち、言った。

「はい! もう一回行きます。」
「それでは、皆準備して下さい。」

「木村さん、電源投入願います。」

「投入依頼了解!」
「電源入れました。」

「了解!」

「では、シュミレーションに入ります。」
「Push Botton ON!」
「はい、A点通過、B点Limit switch ON!」
「はい、C点通過。」
「G点、X点・・・」

「はい、モニターOK!」

「岡田君、そっちはどう?」

「はい、OKです。」

「じゃあ、これで終わります。」
「はい、Stopしました。」
「木村さん、電源解放願います。」

「解放了解!」

「解放OK!」

「了解!」

「ふう~。」
岡田、佐々木、木村達メンバーが帰ってきた。

「今日は、これで終わり、明日は、この隣のテーブルのチェックを行います。」
「・・・・・・・・・・・」
「今日みたいな残材が無いことを祈ってます。」
「じゃあ、又、明日。」
「これで、終礼終わります。」
「お疲れ様でした。」
この様子を岡崎がただ見つめていた。
「ったく、見るだけでいいのかよ、お前は。」
裕香は、岡崎を横目で見て、思った。

「平林さん、今日は終わり?」

「はい、今日の作業は終わりました。」
「後、報告にあがります。」

「あっ、ここでもらって帰ります。」

「あっ、じゃあ、これ・・・」
裕香は、本日の作業報告書にサインをして岡崎に渡した。

「じゃあ、平林さん、お疲れ様。」
岡崎は、頭を下げ、事務所に帰った。

 

裕香は今日の出来事を思い出していた。

「あ~、最近ついてないなあ~。」

「あっ、焼酎お代わり下さい。」

「あまり飲むと、明日まで残るよ?」
振り返ると、その声の主は岡崎だった。

「あ~あ、岡崎さん。・・・」

「ちょっと、今日の話は、明日必ず、関係者にしてくださいよ!」

「わかってるよ!」
「そんな事は、忘れて忘れて。・・・」

「忘れたら、ダメじゃない。」

「あっ、そう忘れたら困る。」
「そうじゃ、なくて。」

「ちゃんとするから、信用してよ~。」
「まあまあ、ささっ、はい、もう一杯でおしまい。」
岡崎は、裕香のぐい飲みに焼酎を注いだ。

[岡崎さん、ここはいつから?]

[う~ん?]
[もう3ヶ月になるかな?]
[この近くに、会社の寮があるんだ!]
[で、1週間前から、平林さんいるの気づいてたよ!]

[じゃあ、早く声かけてくれればよかったのに?]

[えっ、それって、くどいてくれたらって事?]

[ちゃうちゃう。]
私は否定した。

[ははっ、それは残念ですね。]

[ええっ?]
この人は、私をからかってるのと感じた。

[へえ~? そうやって、女性ナンパするんだあ~?]

[うん、そうかも?]
[はははっ。]

[あっ、ここに生ビール1つ、それから冷たい、おしぼりと、チェスターも。]
岡崎は店員に注文した。

[あの、チェスターって?]
店員が聞きなおす。

[ああ、お冷、お冷。]

[あっ、はい!]

[へえ~?]
[結構遊んでるんだ?]

[遊んでる?]

[そう、チェスターなんて。]

[ああ、伯母がスタンドやってた。]
[で、高校の時、ボーイでバイトしたことあるし。]

ビール、おしぼり、そしてお冷が届いた。

[これ、首の後ろを冷やすと、明日楽だから。]
岡崎がおしぼりを差し出した。

[ここ?]

[そう、そこ。]

[あ~、これ気持ちいい~。]
頭がすっきりしてきた。

[それと、酒とか焼酎は、お冷飲みながらのほうがいい。]

[ありがとう~。]
岡崎に下心があれば、もっと飲ませただろう。

頭もすっきりして、岡崎より先にホテルに帰った。

帰り際に[勘定は割り勘ね!]と言ったら、岡崎はわかったと返事した。
寂しくもあったが、それは岡崎の配慮だったようだ。

翌日、朝の調整会議で、神崎が渋々、残材の片付け等3Sの徹底を唱えてくれた。
隣で、岡崎は”にやにや”していた。
神崎の嫌な顔が面白かったようだ。

功を奏し、その日からのシュミレーションは、問題なく進みだした。
おかげで、その日は、17時に予定通りに仕事が消化できた。
事務所に行くと、神崎は、目をあわさず、岡崎は笑顔でお疲れさん!と言った。

仕事が早く終わり、いつものように居酒屋に言ったが、岡崎には会えなかった。

 

翌日、そしてその次の日も、仕事は順調に行き、あの日以来、岡崎との接点は
次第に無くなってゆき、居酒屋での接点もなくなった。

仕事が順調に行けば、それはそれでいいのだが、長期出張という事もあり、別の
寂しさがある。
同僚と遊べばいいのだが、殆どが妻帯者、それだけは出来なかった。

そして、あの日から3日後総合シュミレーションに入った。
勿論、この総合シュミレーションも完璧に出来た。

[ふう~。]

[平林さん、残るは、リンクだけだね!]
[来週も、この調子でいけるよ!]
同僚の木村が言った。

翌日から、ここに来て始めての2日間の休み。

 

朝から、市内観光に出かけ、いままでのストレスを発散した。

ホテルに帰ると、ふと学生時代の事を思い出した。

大学に入り、光男という男性と付き合っていた。
しかし光男は突然学校を辞め、裕香に何も言わずいなくなっていた。
いなくなった光男を探すわけでもなく、一生懸命SEの勉強を始め、結果プロ
グラマーとしてこの会社に就職し、そして今は、ここにいる。
もし光男がいたら、ここにはいなかったのだろうか?

[あ~、ダメダメ、ポジティブに行かなきゃあ。]
[頑張れ! 裕香]

ふら~っと、あの居酒屋に出かけてみた。
そしてお店に入ると、岡崎がいた。

[この前はどうも!]

[あ~、平林さん。]
[あれ~?]
[今日は、遊びにいかなかったんだ~。]

[うん、行ったよ、市内観光に!]

[いい所あった?]

[それが、全然楽しくなかったわ。]

[んだね。]

[岡崎さんは、何処?]

[岡山だけど?]

[そうじゃなくて、実家よ、実家。]

[あ~、同じ岡山。]

[へ~、そうなんだ。]

[私は、福山、広島の・・・]

[そう?]
[じゃあ、近いんか?]

[そう、近いんよ~。]

[あはははっ。]
岡山と広島は方言が似かよっている。
また、この言葉を聞くと、親近感がグッっと沸いてくる。

[でも、なんで本社でなく、岡山の工場に配属されたん?]

[ん~?]

[俺も、よう、わからん。]

[今日は?]

[あ~、もう3ヶ月、休んでない。]
[ホットまで、ずっと続く。・・・]

[へえ~、そうなんだ~。]

[建屋が建って、すぐに、こっちに来て、あっと言う間に。・・・]

[もしかして今度は、こっちの勤務?]

[いや、それは無い!]

[ふ~ん。]

[岡崎さん、年は?]

[俺、26歳だよ!]

[あらそう、私も同じ。・・・]
たわいもない会話はつきないが、岡崎の事を思い、早々に切り上げた。
そして、月曜日。
今日は、リンクを含めたシュミレーションだ。
メンバー全員配置についた、そして、リンクさせる他社のメンバーも、それぞれ、
現場に散っている。

[もしもし、岡田君・木村さん・佐々木さん、startします。]

装置は、一体化して動作し始めた。
しかし、ここで、大きな問題が浮上した。
リンク先の装置に信号は送られているが、フィードバックされてこない?
その装置は他社のシステムであるため、こちらの問題ではない。
何度繰り返しても、同じ結果が出る。

この状況は、神崎所長と岡崎にも伝わり、現場に来た。

他社と話し合っても、答えが見つからない。

[うちのは、ちゃんと指令出てます。]
裕香は、強気で突っぱねた。
裕香の会社の面々も集まり、頷く。

リンクの相手方の会社の面々も、同じように異常は見当たらないと言う。

[わかった、だけど、それぞれ、もう一回チェックしてよ!]
神崎所長が、業を煮やし、口を切った。

[神崎所長、ですから、ウチはOKです。]

[あんたも、わからない人だなあ~。]
[平林さん、男性と付き合った事あるんだろ?]
[少しは、融通利かないのかな?]

[・・・・・・]
裕香は、以前も神崎にこのセクハラ発言をされた事があった。
しかし、悔しかったが、黙るしかなかった。

[ちょっと、所長、それは平林さんには失礼ですよ!]
[彼女も、付き合ったとかという事で、ここで仕事しているのでは無いはずです
からね。]
岡崎が、口を挟んだ。

また裕香の会社の面々は、岡崎の言葉で喜んだ。

[では、今から中継BOX確認します。]
裕香は、思わぬ岡崎の助け舟で、水を得た魚のように言った。

[平林さん熱くならない!]
岡崎が言った。

[でも、ウチの問題がないと証明するには、BOX見れば解りますから。]

[だから、熱くならないで下さいって、言ってるでしょ?]
それまで、温厚に努めていた岡崎の口調が強くなった。

[平林さん、あなたがここにいると言う事は、スーパーバイザーじゃな
いんです。]
[今、あの場所に入るには、他の作業があって、危険なのですから。]

[私達は、ここにいる、ここで関係している、全ての人々の安全を一番
に確保しなければ、
ならないのです。]
[少しは、理解して下さいよ!]
[所長も、この言葉が足らなかっただけですから・・・]

[・・・・]
裕香は、何も言えなかった。

[それと、皆さん、自社だけのチェックで、歩み寄る態度が見えませんが?]
[このリンク部は、お互い打ち合わせを、したはずですが?]

[先ほど両社の、シーケンスとプログラムは拝見させていただきました。]
岡崎の話は続いていた。
[だから。]
裕香は、また突っぱねようとした。

[熱くならないで下さい。]
[まだ、続きがありますから。]
[それで、総合的な動作をイメージして見て下さい。]
[情報が渡された時、あのハンガーが待機位置に回帰してないでしょ?]
[これは、あのハンガーが違った動作をしているという事です。]
[結果、フール・プルーフが働いたという事です。]

[岡崎君、わかるのか?]
神崎所長が聞いた。

[はい、これはシステム上の問題でなく、仕様の問題です。]

[だれが打ち合わせしたんだ。]

[所長、それはここでは関係ないです。]

[おおっ、そうだそうだ。]
[で、原因はつかめたのか?]

[はい、ですから、ここのこうして、あそこをこうすれば。]

[両社共、これで出来ますか?]
神崎が質問した。

[はい、出来ます。]
裕香も、他社も答えた。

[えっと、じゃあ、時間は?]

[5分あれば・・・]

[よし、じゃあ、10分後にもう一度やってみよう。]
10分後、すべての問題はクリア出来た。
これには、両社の面々を含め、安堵の表情を浮かべていた。
勿論、一番喜んだのは、1週間後のコールドに間に合った、神崎所長であった。

2時間後、裕香は終了報告書を持って、事務所に向った。
神崎所長は、笑顔だった。

[岡崎君、今日は?]

[あっ、21時頃かな?]
裕香は、居酒屋でお礼を言おうと思ってた。

裕香は、ホテルに帰りその時間を見計らって居酒屋に言った。
そして岡崎は現れた。

[あっ、今日はありがとう。]

[何が?]

[所長の。・・・]
[あれは私も悪かったのかも知れないわ。]
[でも、とっても嬉しかった。]<
[で、あの時岡崎君がいった、Safety First!]
[あの言葉聞いて、そうだ、あなた達違う使命受けてるんだなって。]

[そうなんだ、円滑も、安定も、そしてスピードも。]
[でも、それよりも大切なのは、安全なんだよなあ。]
[統括部門だから、言えないこともあったしなあ。]
[あっ、よそよそしかったのも、それがあるからなんだ。]

[私も、初めての主任って肩書きで気負いしてたし、女だからって、なめられたく
なかったし。]

[うん、それはいつも感じてた。]
[だから、熱くなるなっていったんだ。・・・]
[ははは。]

[そうなんだよね~。]
[それが私の欠点なのよね?]

[まあ、それはそれでいいんじゃない?]

[それとお~。]
[・・・・・]

[何?]

[私、大学の時に、光男って名の男性と付き合ってたの。]

[おっと、それは俺には関係ない話。]
[君の楽しい思い出は、そっと胸のうちにしまっておけよ。]

[そうじゃないの?]

[じゃあ、同情してくれって?]

[違う、そうじゃないのよ。]
[だから、聞いてよ。]

[光男は単なるボーイフレンドだったの。]
[だから、いなくなっても何も感じなかった。]
[あっ、それに勿論、何もなかったし。・・・]

その夜、裕香と岡崎は二人で闇に消えていった。
そして、裕香は、この3日後、本社に帰った。

1週間後、コールドは安定かつ安全に進み始めた。
オペレータも、他の工場で学んだ成果を発揮しているらしい。

コールドの期間を追え、いよいよホットとなった。
県内の有力者や議員、そして社の経営陣等お偉方を招いてのレセプションも無事
終えた。
神崎所長もご満悦だったらしい。
裕香は、レセプションのお祝いメール岡崎に送った。

[博、元気ですか?]
[ホットも成功したようですね。]
[お疲れ様でした。]
[私も、来月からAssistant Managerという肩書きを頂きました。]
[また、このお話は、あの神崎所長が強く押してくれたようです。]

[それにより。・・・]
[それにより、スーパーバイザー職となったため、今後、現場を担当する事は無く
なりました。]
[先ずは、お祝いとご報告まで。]

[♪~♪]
[裕香、おめでとう。]
[俺は、今、あの居酒屋で一人寂しく飲んでます。]
[それから、神崎の件、ちょっと脅してやったんだ。]
[あれは、セクハラですから、やばいですよって。]
[でも神崎の力がそこまであるわけないじゃん。]
[Assistant Managerの要職は、裕香の実力で掴んだものだよ。]

[あっ、それと、俺も、今日辞令が出たんだ。]
[それで、来月から東海に転勤になった。]
[この内示は、先月もらってたけど、裕香にも黙ってたんだ。]
[ということで、来月から、よろしく頼むわ。]
[博。]

[ 完 ]