初めの一歩の自己啓発

自己啓発とは、自己の仕事に対する意識改革というものであり、こういった自己啓発について、企業では入社前のすなわち内定通知が発された時点で始まっている。
また、個人でもこうした自己啓発について学生時代に例えばスキルを身につけるために簡単な国家試験受験や資格取得に学生時代から既に始めている人もいる。

 

棚に多くある刊行物

書店に出向いても自己啓発に関連する発刊物も多くあり、企業の戦略だとかの内容のものからQCサークルまたはJKサークル等の知識や手法についてだとか、ここ10年くらい前から導入し始めているISOの環境や品質についての知識、また、開発研究などの分野にも広く活用できる提案制度など等の知識、また今では当たり前になりつつコーチングといったものについても自己啓発といわれるものが多くある。

この自己啓発、会社に入社した後にすぐに新入社員教育ということで、ブレーンストーミングやディスカッションといったカンファレンスなどを含めながら、新入社員に対して、即座に会社の戦力となるために、最終的には思いやりといった心理作戦をも含んだマーケット開拓から、マーケットの参入、またマーケット内への切り盛りから仕切りまでの方法などを習得するものがある。

 

sの会社だけのバイブル

その後職場に配属されたのちには、与えられた教育資料をバイブルとして、その後の自身の配属された部署にあったオーソリティとしてまでの判断までの知識と経験そして実践を通じてのフィードバックからその記録を今後の会社の運営にまで達するだとか後輩達への資料などなど、自己啓発についてはそれこそ奥が深いものになっている。

最近ではITといった分野でも、こうしたスキルアップだけでなく、自己啓発でステップアップしてきたものが牛るということまで解明されてきている。

実際、経験者に聞くことも大切だがそれだけではオリジナリティ溢れるものもなくなるために、自身の経験にするためには一応それぞれの手法をアイテムとして経験を積み重ねていくことが大切であると思う。