ドライブテクニック | 知識

ドライブテクニック | 知識

自動車を運転していると、時には追い越し、また、高速走行などといった走行が多くある。

特に、一般道では、道路の舗装はよくなっているが、道路のカーブなどといった地形的な問題が、この追越や高速走行に不具合を感じることがある。

 

諸事情

まず、この地形的な道路事情については、賛否両論あるが、もみじマークのドライバーも多く運転しているために、必要にかられて…と、なる場合が多い。
ドライビングテクニック〈Ver.2〉

昔なら、80タイヤが主流で、スピード走行をするのにはかなりのテクニックが必要だったようで、そういった時代に運転を始めていた人には、現在の車事情について熱く語ってくれる。

 

FR車?

オーバーステア!
現在の車はどちらかといえば、FF車が主流で、足回りの強化や扁平タイヤ採用などで、ほとんどがこのオーバーステア気味ではなかろうか?

アンダーステア!
今では、こういったクセのある車は、それこそ、レースに出るとかで、かなりのシビアなセッティングを施した?
いや、時には、こういった車が走行しているかも?
とにかく、こういったアンダーが強い車は少ない。

 


のぼりのカーブを曲がっている時に、アクセルを踏み続けていると、車が内側に…
オーバーステア気味は、もしかしてこうかけば理解できるかな?

 

 

喰いつきも

こういった現象が出る時は、カーブに入る前にアクセルをオフして…
これが、オーバーステアは防げるが、追い越し、そして左車線に進路変更するときに、このアクセルフットワークが問題になってくる。

安全運転のためのドライブテクニックが必要ですね。

特に、最近の安価な自動車は、タイヤの扁平率など関係なく、いわゆる、待ち乗りの車であるため、こういった追い越し、そして左車線へ進路変更、その先が右カーブといった場合に神経を使うことが多大にある。

 


一番恐いのは、オーバーステア気味に走行しているときに、アクセルコントロールをミスってしまうと、リバースしてしまいそうだからだ。

 

こういった運転操作というか、車の性能やタイヤなどの状況を常に頭に入れておかないと、高額な掛け金の保険を契約し続けなければならいないしね!