油圧装置 アクチュエーター

油圧装置 アクチュエーター

油圧アクチュエーターとは、油圧によって生まれた力を伸縮として伝える油圧シリンダーや回転力として伝える油圧モーターなど、油圧で発生した大きな力を利用して重いものを持ち上げたり旋回させたり、その他掴んだりといたような装置・設備に使われています。

油圧装置は一般機械設備の他ANA,JALなどのジェット旅客機の制御やコマツやコベルコなど建設機械などの制御にも使用されています。
油圧装置アクチュエーターといえば、代表的なものとして、油圧シリンダーが思いつくのでは?

シリンダーといえば、エアーシリンダーというものもあるけれど、その構造はほとんど変わりがありません。

 

 

*油圧の仕組みはパスカルの原理が基本

「密閉容器中の流体は、その容器の形に関係なく、ある一点に受けた単位面積当りの圧力をそのままの強さで、流体の他のすべての部分に伝える」というのがパスカルの原理です。

合わせて読む

= 油圧ポンプの構造(油圧機器)はこちら

油圧ポンプにて圧縮された高圧の作動油は、配管内を通り、切り替え弁を介してアクチュエーターへと導かれる。
通常、ヘッド側に導かれた作動油は、シリンダーを伸ばす働きにより、テーブルの上昇といった動作となり、ロッド側に導かれた作動油は、シリンダーを縮める働きをして、テーブルの下降といった動作となる。
このロッド側とヘッド側の圧力差は、内部ピストンの受圧面積差により、その加重差が当然発生する。

油圧アクチュエータ

下図ー1

見方・かき方 油圧/空気圧回路図

下図ー2.3にクッション図を示す。

 

クッション

クッションとは、シリンダーエンド(伸縮動作の各終点)に、シリンダー本体にかかる負荷の軽減及び、シリンダーにて伸縮・上下などを行う装置自身への負荷の軽減も図るものである。

油圧アクチュエータ1

下図ー2

 

油圧アクチュエータ2

下図ー3

 

下図ー4にクッション及びエアー抜きの構造図を示す。

油圧アクチュエータ3

下図ー4

 

 

高圧を力に変えて

油圧は高圧を力に変えて重量物の移動や上下またはつかみなどを行うという事をよく考えて置いてください。また、作動油の漏洩等では環境問題にも影響を及ぼします。
これらの取り扱いは十分に気をつけてください。

*油圧装置は一般的機械設備の他にANA,JALジェット旅客機等の飛行機や旅客船やタンカー等の船舶、フェリー等の接岸場所にある桟橋や、ディズニーランドやディズニーシーや大阪USJ等国内の各所にある、アミューズメントパークや遊園地の遊具施設の駆動、コマツやコベルコなど建設機械などに、こういった油圧装置が使われています。
その他、工場では製鉄所、自動車の工場や整備工場、ここで列記するには大変なくらいの場所で、油圧装置は使われています。
・飛行機の油圧装置 → 主翼フラップ・尾翼・車輪の格納 他 自動制御関連
・船舶の油圧装置 → 操舵関連  他 自動制御関連
・製鉄所の油圧装置 → 高炉・転炉・連鋳・圧延設備等
・自動車工場の油圧装置 → テーブル・旋回装置・トランスファーetc
・アミューズメントパークの遊具施設油圧装置 → 昇降・旋回・移動

各図はダイキン資料を参考としています。
ダイキン工業油機インターネットサービス