飲酒運転の罰則は?

飲酒運転の罰則は?

ここ数日、この飲酒運転の事故が国内のニュースのトップとして報道されている。

道路交通法の改正により、この飲酒運転については罰則も重く、まさしく飲んだら乗るな乗るなら飲むなといった言葉の通り、その昔より、このトラ、すなわち飲酒運転を一番の悪と表現されてきた。

 

年寄りのほとんどが

しかし、この飲酒運転については日常でも真昼間から飲んでいる人々を、ドライブインだけでなく多くの飲食店で見かけることがしばしばある。

また、この飲酒運転の社内の問題としては、行政職、すなわち公務員の間では軽い問題のようで、これが私企業であれば、それこそ重い重い処置を取られる。

 

少しならいいと思っている

といっても、これが社内部署の管理職自らが進んでやっているのを思うと、これはまだまだ大騒ぎしなければならないものかも?

とにかく、飲酒運転は重い罪となります。
飲んだ人も一緒に飲んだ人も、また飲ませた人も同罪となるので、決して、飲酒運転を容認しないように…