俺流!

俺流!

『野球』の中日の落合監督がこの俺流という言葉を流行らせたのは、かれこれ?年前だったような記憶がある。

この俺流監督、今までの監督・コーチ陣の指導?
いや、フロントに気を使っての指導・助言といったほうがよいのかな?

 

ひょうひょう

この指導・助言を行ううえで大切なものは、昔ながらの・・・といったものを、全く無視してこの俺流でチームを勝ちにといった按配でという彼流の発想に共感を覚えたファンも多いのだろうな?

しかし、確かこの落合監督の俺流でやるといったものの中で、ピッチャーは何を考えているかわからない!といった発言が多くあった。

 

野手が自己中

実は、自分もピッチャー経験者、そりゃあそうですよ、いくら野球は団体戦、ピッチャー1人で勝ちに?
いや、ピッチャー9割で勝利に結びつく場合もある。
それに、このピッチャーといった立場、どれだけの人々に観戦されているか。

そりゃあ、経験の無い人にはわからないでしょうが?
とっても大変なんだから~としか、いいようがない。

誰でもてゆうか、このピッチャー経験者は、肝は座るはって度胸がつくつく、人生遊びでも仕事でも、突拍子もないくらいの感性まで身に付きます。

君も、どう?