華麗なる一族!

華麗なる一族!

華麗なる一族はTBSで日曜夜9時より放送されている、あのキムタク主演のドラマである、また、このドラマはNHKで放送された、あの大地の子の原作者で、どうやら製鉄業に多くの関心と知識を保有しているからなのか、そういった日本の経済復興に関わった人々の人生というか、生き様を描いているようにも思えてくる。

また、この華麗なる一族は初回放送より視聴率30%を軽く超えているとか?

この華麗なる一族は日本の復権・復興についての時代背景を基にされていて、国内の高炉保有会社、いわゆる製鉄業といった寡占企業*1の起業と株式会社や株といったものを主に書き下ろされているようにも思える。

  • 注1寡占企業とは、鉄鋼・造船・自動車等の他ビール等、誰もが起業しない、特殊な業種のものを言う。

国内のどの高炉を保有する会社を基にしているかは別として、この高炉とは???

高炉とは、読んで字の如し、高い炉の事で、ブラストファーネスのBとFとをとってBFとも呼ばれる。

この高炉は古くは明治初期に今の北九州に建設されていて、あのスペースワールドの駐車場の側に、現在は稼動していない、この初期の高炉がその雄姿をほこらしげに聳え立っている。

この高炉は炉内に鉄鉱石とコークスまた副原料を投入して、炉内中腹より下部より千数百度の熱風を吹き込み投入された、この鉄鉱石等を溶かして、中学の理科でならう、還元といったものを行うもので、炉内は3M超えといった高圧で鉄を生み出す構造になっている。
また、この鉄鉱石は、その溶融を手助けするために、多くある種類の鉄鉱石を事前に焼いて結ぶ、焼結鉱といったもの(軽石のように中がスカスカのもの)として、熱を効率良く伝えられるように工夫されている。

この華麗なる一族では、株主や従業員を含め、親子の確執をも紐解いているようで、その時代の国の復興・復権といったものを大きな要素としているようにも思えてくる。

最近のキムタク主演のドラマは不作ばかりのようであったらしいが、ぴったんこカンカンによく露出する、泉ピンコさん扮する、ぴったん子さんの応援もあり、ここまでの視聴率が確保されたのだろうか?

いずれにせよ、そういった時代の物語が今受けているのは、そういった時代にせっせと働いていた年代の人々のみならず、若い世代に受けるとなると???

華麗なる一族はこちら 119 links